道場の紹介

 当道場を主宰している篠原は、神戸市住吉にある合気道凱風館に通って、 内田樹師範の元、お稽古を重ねています。 前職は京都大学助教として研究職に就いていましたが、 現在は合気道に専念し、研鑽の日々を送っています。 現在、合気道凱風館では助教補を務めています。

 当道場は、合気道の開祖、植芝盛平先生から多田宏先生、 内田樹先生へと続く流れを汲み、呼吸法を大事にし、 優しくしなやかに使える心と身体とを目指して、 楽しく真剣に日々お稽古に励んでいます。

 お稽古は週に5回。それぞれ別々の場所で行っています。 会員は各々が自身のペースでお稽古を続けていて、 複数の場所でお稽古に参加する人も多く、 気兼ねすることなく、すべての場所でお稽古することができます。

 合気道では強弱勝敗を論じないため試合がありません。 人との比較ではなく、自分自身の向上のためにお稽古を重ねます。 お稽古中に、わたしがよく言うのは、「整える」という言葉です。 呼吸を整える、気持ちを整える、身体を整える、動きを整える、 そして場を整える。自分だけに目を向けるのではなく、 周囲を含めた場をも高めていけるようなお稽古を行っています。

参考:「合気道とは」合気道凱風館 師範 内田樹 http://gaifukan.jp/aikido/article/合気道とは

(2015年1月18日)



 道場長 篠原 拓嗣 公益財団法人合気会 弐段
合気道凱風館 助教補
 道場長補佐 大松 多永 公益財団法人合気会 初段
 顧問 松田 高志 公益財団法人合気会 四段
神戸女学院大学 名誉教授